児童発達支援 たのしい りーふ 
活動日誌

初めての歯科検診!!

今日は初めての歯科検診でした。

本日の先生は橿原市の田中先生と奈良市の寶達先生がボランティアで来てくださいました。

検診を受けたのは7人でしたが、今まで検診を受けたことがない、というお子さんもおられました。

名前を呼ばれるとドキドキの子や部屋に入るのを嫌がる子もいましたが、優しい先生のおかげで泣きながらもみんな無事に検診を終えられました。

 

ほとんどの子どもさんが虫歯は無く、「優秀!」と言ってもらいました(⌒∇⌒)

自分で歯みがきをしている様子を先生に見てもらい「頑張って磨けているね」と言ってもらった子もいました。

 

最後に江川理事長から、今日先生方に診てもらい、検診を受けるいい機会になったことや困った時はいつでも相談を受け、先生方に繋ぐので、気軽に声をかけてほしいと話がありました。

また、田中先生からは、甘い飲み物(スポーツドリンクやジュースなど)をダラダラと飲むことは虫歯になる確率が高いことや、甘いものを飲んだり食べたりしても、間はせめて40分はあけることなどを話していただきました。

寶達先生からは、虫歯が見つかったらまだ黒い点の間に治療をすると、痛くもないし、治療期間も少なくてすむので、定期的に歯をチェックすることが大事であることを話していただきました。

検診を終えた子どもに話を聞くと、「怖くなかった!」と安心した様子でした。

お母さん方も「検診を受けるいい機会でした」「こんな機会が定期的にあるとありがたいです」などの声が聞かれました。

 

田中先生、寶達先生、本日は贅沢な時間を与えてくださって、本当にありがとうございました。