児童発達支援 たのしい りーふ
活動日誌

たのしい「プールあそび」

8月に入り、いよいよ“たのしいプール”が始まりました!!

ゆっくり水に親しんでいけるよう、膝ぐらいの水量からスタートです。

楽しみにしていたのか、職員の顔を見るなり開口一番「今日はプール?」とワクワクが抑えきれない様子です!(^^)!

「僕、プール大好きやねん」「明日は、ばぁばとプールに行くよ」と水着に着替えながら嬉しいお喋りが止まりません。

さあ、庭に出るよ!

大きなプールの周りに座り、手を浸けてジャブジャブ~!お腹にペタペタ~!

顔に水がかかっても平気です。

大きなプールに不安を感じる子どもたちはタライから始めました。

体を洗ってゆっくりプールに入ると、子どもたちのテンションはマックスに!!

歩く、走る、ハイハイする、ワニになる、と少しずつ顔を水に近づけていきますが、どの子も大丈夫!(^^)!

顔に水がかかっても両手でブルン!と拭うことができていました。

タライで遊んでいた子どもも、職員に抱っこされて大きなプールに入ると・・・あれれ?遊び始めましたよ(⌒∇⌒)

あっという間におしまいの時間です。

「たのしかったね~」「もっと遊びたかった~」と名残惜しそうな子どもたち。

 

「明日もプールある?」

もっちろ~ん!

“たのしいプール”毎日オープンしていま~す!!!