児童発達支援 たのしい りーふ
活動日誌

音楽療法楽しいね♬

去年の秋から始まった音楽療法。

初めて見る楽器を鳴らす経験をしたり、ピアノやギターを弾く職員(音楽療法士)を意識しながらリズムに合わせて体を動かしたり、様々な経験を重ねています。

最初は力まかせに叩き大きな音を出すことが楽しかった子どもたちが、回を重ねる毎に音の強弱に表情があることに気づき始めました。

そ~~っと鳴らす姿に成長を感じます。

 

また、「わぁ、大きい音だね!」「カッコイイ!」「僕も鳴らせるかな」など友だち同士の会話も聞かれ、コミュニケーションをとっている姿も見られるようになってきました。

 

最後はフワフワの布を使ってクールダウンです。

 

月に2回の楽しいプログラムです。