児童発達支援 たのしい りーふ
活動日誌

小麦粉ねんど

いつもは机を並べて行う感触あそびですが、月齢の小さい子どもたちの興味を引くように、おままごとの側に机を出し、職員が小麦粉をボウルに入れて混ぜ始めました。

フンフンフ~~~ン♫と、鼻歌交じりの職員に気づいた子どもたち。

なんだろ?なにしてるんだろ?と、集まり始めました。

 

 

混ぜてみる?と差し出された粉をままごとのスプーンでクルクルと混ぜてみると、なんだか楽しくなってきたみたい。

感触の苦手なAちゃんが、手で触り始めました。

利用2回目のBくんも、涙顔が笑顔に変わり始めました。

食紅で色をつけた粘土をもらい、捏ねたり丸めたり。

おままごとのお皿に盛って、ごちそうが出来上がりました♫

プログラムの時間が足りないぐらい、夢中で遊び続けることができました。