夢のある 夢をはぐくむ共生社会を目指して
NPO法人きららの木は、奈良市を拠点に障がい児者支援施設を運営しています。

NPO法人きららの木

たのしい (児童発達支援 放課後デイサービス)

たのしい (児童発達支援 放課後デイサービス)

お兄さん・お姉さんと一緒!

たのしいへ飛鳥中学校の1年生が

福祉施設交流学習として来てくれました!

 

いっぱい遊んだ自由あそびの時間☆

線路を次々につなげて大きな線路のできあがり!

ボーリング!

アレンジ的当て!

しっかり狙って~「せーのっ!」

 

昼の自由あそびの時間はさらに…

大型積み木の階段が完成!

フープの電車、乗って下さい!

台車の電車遊びは子どもたちが落ちないように

支えてくれたり

そーっと運転してくれたり

やさしさが見えます。

 

プログラムも一緒。

「こっち」とお兄さん、お姉さんを呼ぶ声が聞こえてきます。

大人ではない中学生との関係が

とっても嬉しい子どもたちです。

 

体験学習後は

「普段体験できない色んな体験ができた」

「自分も楽しめて、みんなも楽しんでくれた」

という素直な感想。また

「何回も言わずに、時間をおいてから言うと聞いてくれた!」

という感想もありました。

 

きららの木の理念である

「一人ひとりを人として大切に」について話をしました。

「人として大切にしてもらっている?」には、

戸惑いながらも「うん」という返事。

大切にしてもらっていることをしっかり感じることから

大切にしようという気持ちがうまれます。

この子たちがたくさん大切にされ、

自分の命も、身近な人の命も大切にできる

やさしい社会になりますように(*^-^*)

<< 前のページへ

▲ページトップへ