夢のある 夢をはぐくむ共生社会を目指して
NPO法人きららの木は、奈良市を拠点に障がい児者支援施設を運営しています。

NPO法人きららの木

たのしい (児童発達支援 放課後デイサービス)

たのしい (児童発達支援 放課後デイサービス)

今日は節分‼

今日は節分♪

たのしいでも節分の気分を味わえるように

鬼のお面づくりをしました。

 

鬼の絵を見て“こわい顔”“つのがある”“キバもある”

“金棒を持っている”など

みんなと鬼について話した後、

自分たちも鬼を作ろう!ということで面づくりを始めました。

 

顔、つの、鼻、口、髪など

いろんな色や形のパーツを自分で選び

そこにクレパスで自分好みに色を

塗ったり、描いたりしました。

 

かわいい鬼、ちょっとこわそうな鬼、カラフルな鬼など

子どもたちの個性あふれる鬼の面ができました。

できあがった面を見て、嬉しそうな表情で

自分のお面を顔にフィッティングしている姿も見られました。

 

 

「豆まきがしたい!」の声も上がり

午後はできたお面をつけて豆まきをしました。

 

保育者が新聞広告で作った升に、子どもたちが広告を手でちぎって、

指先や手のひらを使って小さく丸めて豆を作りました。

 

そして、鬼のお面をかぶった鬼役と豆を投げる役に

分かれて豆まき開始‼

 

「鬼は外~!」「福は内~!」とかけ声も勇ましく

自分の作った豆を鬼めがけてジャンジャンまいたり

鬼の子は豆をかわして逃げたりして

とてもにぎやかな豆まきできた。

 

さて、持ち帰ったお面と豆で

今夜はお家で楽しい豆まきが行われることでしょう(*^-^*)

 

<< 前のページへ

▲ページトップへ