夢のある 夢をはぐくむ共生社会を目指して
NPO法人きららの木は、奈良市を拠点に障がい児者支援施設を運営しています。

NPO法人きららの木

きららコミュニケーションズ

きららコミュニケーションズ

リレー講座を実施いたしました!!

2月7日から始まりました計4回に渡るリレー講座は

総勢約250名と大変多くの方にご参加いただくことができました。

また、研修会等でのチラシの配布、事業所でのポスター掲示等にも

たくさんの方にご協力をいただきました。

ご参加、ご協力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

各回の講座では、NPO法人きららの木らしく講座を受講いただいた方々より温かい生の声を頂戴し、

講座終了後のアンケート用紙でも、たくさんのご感想をいただきました。

「まほろばあいサポーター研修」では、奈良県障害者相談窓口の奥田相談員に来ていただき、

「奈良県 障害のある人もない人もともに暮らしやすい社会づくり条例」について分かりやすく、具体的な事例を踏まえて説明していただき、非常に身近に感じ、「心を揺さぶられた」と涙を流す受講者の方がたくさんおられました。

 

 

「自分らしく生きる」では、

セクシャルマイノリティの視点から「無理解による差別の実態」

「生きづらさへの向き合い方」、自分(田崎)が今「自分らしく生きる」までの

人生等について講演いたしました。

「涙が止まらなかった」「多くの学校の先生に聞いてもらいたい」

「無知であることにより傷付けてしまわないよう気を付けたい」

「自分は、一番に我が子を理解できる親になりたい」等

感想を読む私自身の涙が止まらない心に染み渡る感想をたくさんいただきました。

 

 

 

どちらの講座も、継続講座として今後も実施したいと考えております。

先日発行いたしました‛きららの実’にも少し紹介させていただいておりますので

そちらもご覧いただけますと幸いです。

また、上記講座内容以外にも今年度はリレー講座を予定しております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。たくさんのご参加お待ちしております。

<< 前のページへ

▲ページトップへ